J2藤枝MYFCは1日、J1クラブライセンス取得に向けた申請をしたと発表した。

藤枝は2009年に創設され、2010年に静岡FCと合併。2014年にJリーグ入りを果たした。

昨季はJ3で2位となり、J2昇格を勝ち取った。

今季は須藤大輔監督の下で攻撃サッカーを展開して、現在10位(1日12時時点)に付けている。

徳田航介代表取締役社長は申請にあたって

平素より藤枝MYFCに格別の御高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
この度 藤枝MYFCは、J1クラブライセンス申請書類を公益社団法人日本プロサッカーリーグに提出いたしました。
今回の申請にあたり、ご支援いただいておりますパートナー企業様、株主様、ファン・サポーターの皆様、サッカー協会様、そしてホームタウン各市町、ホームスタジアムが存在し日頃より運営にご協力をいただいております藤枝市も含めたすべての関係者の皆様に心より感謝を申し上げます。
現在当クラブは、念願であるJ2へ昇格を果たし、クラブとしての新時代をもがきながらも少しずつ歩みを進めております。そしてその歩みの先にあるJ1昇格を成し遂げるため、チーム・フロント共に前向きに努力を重ねている日々でございます。
皆様の熱い応援を背にこれからも努力・研鑽を怠らず、より磨き上げられたクラブとなるべく頑張ってまいります。
今後ともご支援ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

とコメントした。

サポーターは「チームも地域もJ1に向けて一丸となってがんばりましょー」、「藤枝が地域いったいとなりMYFCを応援している。サッカーを通じて地域が盛り上がっている。ほんとに素晴らしいと感じます。川淵キャプテンの言っていたJリーグの理念がどんどん日本全国に広がっていますね。頑張れ藤枝MYFC」、「選手のモチベーションもまたさらに上がるかな」と沸いていた。

今後申請は審査され、ライセンス交付の可否は9月ごろ発表される予定だ。

【関連記事】みちのくダービー直前特集!モンテディオ山形MF田中渉が語る決戦への決意とは

チームはきょう1日午後7時にホームでレノファ山口と対戦する。

【厳選Qoly】親の名前が強すぎる!父の跡を追う「オランダ最強レジェンド」の息子5名

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら