史上初のJ2リーグで現在15位と奮闘する藤枝MYFC。

9月30日(土)に開催される第37節清水エスパルス戦の会場ほかで販売されるユニークなグッズが密かに注目を浴びている。

なんと日本初の「御城印・御蹴印」!今回は第2弾となる。

これは藤枝市・静岡市とクラブが連携し、大河ドラマ『どうする家康』と絡めた静岡J2勢3クラブ(藤枝、清水、磐田)の共同イベント“静岡三国決戦”を盛り上げる企画の一環。2枚の「御城印」と1枚の「御蹴印」の3枚を合わせると1枚の絵のようになるデザインされている。

近年お城めぐりとともに収集がブームの「御城印」に、蹴球都市ならではの「御蹴印」。オンラインでの販売予定は無しのため、レアアイテム化は必至だ。

その3枚のデザインとそれぞれの入手方法をご紹介しよう。

御城印(駿府城)

【期間】9月23日(土)~10月8日(日)

【場所】駿府城公園 ※スタジアム販売は無し

【価格】300円

御城印(田中城)

【期間】9月23日(土)~10月8日(日)

【場所】史跡田中城下屋敷 ※スタジアム販売は無し

【価格】300円

御蹴印

【時間】9月30日(土)10:30から(清水戦当日の限定販売)

【場所】藤枝総合運動公園サッカー場 2階コンコース(南側)専用ブース

【価格】300円

※販売場所がスタジアム内のため試合観戦者のみ購入可能

【関連記事】忖度なしの本気で選ぶ!2023年のJ2「最高にかっこいいユニフォーム」10選

地域外に住む者にとって入手はハードルが高そうだが、これはサポーターじゃなくても欲しくなる。とくに歴史や城が好きな人にとっては最高のアイテムだろう。

お宝グッズとなること必至の「御城印・御蹴印」や9/30清水戦の詳細については、藤枝MYFCのクラブ公式ウェブサイトまで。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら