ベルギーの名門クルブ・ブルッヘに所属する本間至恩。

小柄な23歳のアタッカーは昨季のプレーオフでゴールを決めるなどブレイクの予感を漂わせていた。だが、今季はリーグ戦で1分も起用されていない。

そうしたなか、『Het Nieuwsblad』は、「昨季ユニオンから優勝を奪ったクルブ・ブルッヘの日本人が消えた…本間は一体どうしているのか」という記事を伝えた。

関係者は「彼はとても失望している。もっとプレーしたがっているのは間違いない。彼の目標は、フル代表のレギュラーになり、国際的に活躍することだった」と話しているそう。

リザーブチームでは主力になっている本間だが、トップチームのポジション争いは熾烈で、今季リーグ戦ではベンチ入りすらない。

【関連記事】日本代表、W杯メンバーになった身長160cm台の小さな巨人たち

10月のUEFAカンファレンスリーグで7分だけ起用されたが、現状に不満を感じているようだ。このままなら1月に動きがあるかもしれない。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら