ベルギー1部のユニオン・サン=ジロワーズでプレーする日本代表DF町田浩樹。アンジェ・ポステコグルー監督が率いるトッテナムが関心を示している。

『Het Nieuwsblad』によれば、トッテナムは数週間前からユニオンに接触しているが、正式オファーはまだ提示されていないという。

ユニオンは2026年まで契約がある町田を安売りするつもりはなく、1500万ユーロ(24億円)以上の移籍金を求める見込みだとか。

【関連記事】ポステコグルー監督就任のトッテナムが獲得しうる5人の日本人

ただ、負傷者が相次いでいるトッテナムは1月の移籍を希望している一方、ユニオン側は夏の放出が望ましいと考えており、時期をめぐる齟齬もあるようだ。

【厳選Qoly】親の名前が強すぎる!父の跡を追う「オランダ最強レジェンド」の息子5名

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら