日本代表でキャプテンも務めた吉田麻也。日本歴代3位となる代表戦126試合に出場した彼は、名古屋グランパス時代に本田圭佑とチームメイトだった。

そうしたなか、吉田はTokyo FMで放送されている『吉田麻也の切り替えて行こう!』で、Jリーグのキャンプについて語るなかでこんな話をしていたぞ。

「Jリーグもいよいよキャンプインということで日本だと沖縄・宮崎とか多いと思いますけど、僕が名古屋だった時は鹿児島かな、指宿に行ってましたね。指宿で怒られてたなぁ。

3年名古屋でプロでやったんですけど、1年目は同部屋が本田圭佑選手で。ほんと本田圭佑、大変だったわぁ。これまたネットニュースになると思うけど、本当に大変だった(笑)

まず、当時の本田圭佑さんはサッカーゲームを持ってきていて、それの対戦をさせられてたんだけど、本当に負けず嫌いだから、めちゃめちゃ強いから、ボコボコにやられるし、大変だった。

あとは、当時はまだDVDの時代で、名古屋の『HOME MADE 家族』というアーティストがいらっしゃるんですけど、そのDVDを持ってきていて、ひたすら歌わされて、カラオケの練習みたいのをやらされて。本田さんがメインを歌って、僕がラップを歌わされるみたいな…本当につらい時間だった(笑)またこれニュースになって怒られるわ」

サッカーゲームでボコボコにされるのと、HOME MADE 家族の楽曲のラップ部分を担当させられるのがきつかったとか。

みんながサッカーゲームでお世話になった「最強のウイイレ戦士たち」

ちなみに、2年目は三木隆司、3年目は田中隼磨が同部屋だったそう。田中隼磨は9時に寝て5時に起きる超プロフェッショナルだったそうで、後輩的には夜に自由な時間がなかったとのこと。

【厳選Qoly】本日韓国戦!小久保玲央ブライアンはなぜベンフィカ「B」でもベンチ外なのか?現地の事情通は「退団の勧め」

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら