MLSのシンシナティでプレーする久保裕也。

木島萌生との日本人対決にもなった19日のセント・ルイス戦で今季4点目となるゴールを決めた。

後半4分、元ドルトムントGKロマン・ビュルキ相手に決めた得点シーンがこちら。

反転しながらニアをぶち抜く!

試合はシンシナティが3-1で勝利。得点後におしゃぶりポーズを披露した久保は「モントリオール戦でゴールした時は(セレブレーションを)忘れていた。今回はやるのを覚えていたよ」と話していた。

日本代表、2022年にピークを迎えていなければならなかった10名

この日の久保は3-5-2の2トップの一角でプレー。今季9つ目のポジションでの起用となった(センターフォワード、セカンドストライカー、左ウィング、右ウィング、攻撃的MF、左ウィングバック、右ウィングバック、センターハーフ、守備的MF)。

【厳選Qoly】ジュビロ磐田ユースが輩出した「世界規格」の最高傑作5名