未だにアーセナルからセスクの強奪を企んでいるバルセロナだが、アルセーヌ・ヴェンゲルは「もうセスクの話は要らないだろう」と事態の収束化を図った。

「もうセスクの話はする必要はないだろう。彼はこれからもアーセナルの選手であり、売却する気も一切ないからだ」
「私は彼と何度も話し合った。他の選手達とも同様に。だが、それはW杯に関することばかりで、将来の移籍話については一切話題に上ったことがないよ」