UEFAヨーロッパリーグ第5節、インテルはウクライナのドニプロを2-1で下した。

DFラノッキアの退場もあったインテルだが、逆転勝ちでグループステージ首位通過を決めている。ヒーローのひとりとなったのはエフゲン・コノプリャンカのPKを止めた守護神サミール・ハンダノヴィッチ。

『Squawka』とインテル公式によれば、これでハンダノヴィッチは6本連続でPKをストップしているという。(マキシ・ロペス→カッサーノ→マルセロ・ラロンド→コッス→トーニ→コノプリャンカ)

先日動画で紹介したように PKに滅法強いハンダノヴィッチ。もはや現役最強PKストッパーといっても過言ではないスロベニア人キーパーは「セーブするのが僕の仕事だ。常にベストを尽くすように努めている」とさらりと言ってのけたという。 頼りになるこれぞ守護神である。