バートン・ローヴァーズというチームをご存知だろうか?イングランドの8部リーグ相当にあたるサザン・リーグ・ディヴィジョンワン・セントラルに所属している同クラブは100年以上の歴史を持つ。

FWケシ・アンダーソンは今季これまで29試合19ゴール(リーグ戦では23試合17ゴール)をあげている"おらが街の"エースストライカーだ。


そんなアンダーソンに転機が訪れる。

これまでもノリッジ、ケンブリッジ・ユナイテッドなどに興味をもたれていたアンダーソン、この日は(バートン・ローヴァーズ所属であるが)ブレントフォードU-21の練習生としてプレーをしていた。

イングランドのリザーブリーグでは練習生も試合出場ができる。クリスタル・パレスU-21との試合で後半21分に途中出場すると、後半38分にゴールをあげたのを皮切りに6分間でハットトリックを達成したのである。

これを見て驚いたクリスタル・パレス側はすぐに獲得へ動く。試合があった1月27日から1週間後の2月2日には契約をまとめてしまったのだ。


地域リーグを取り扱う『THE NON-LEAGUE PAPER』でも大々的に取り扱われた

そう、僅か30分間の出場で彼は8部からプレミアリーグ(1部)のチームへと移籍することになったのである。まさに漫画の様なシンデレラ・ストーリーという他ないだろう。

現時点では「19歳」、「得点力には目を見張るものがある」というバートン・ローヴァーズオフィシャルサイトが伝える些細な情報しかわからないアンダーソン、だが順調にキャリアを積み上げていけばプレミアリーグへデビューするのもそう遠くはないはずだ。