昨季、マンチェスター・ユナイテッドがクラブ史上最高額となる5970万ポンド(現レートで115.4億円)で獲得したアンヘル・ディ・マリア。

だが、この夏にも4440万ポンド(約85.8億円)でPSGへと移籍するのではないかと言われている。もしそうなれば、移籍金の差額を単純計算すると、1530万ポンド(29.5億円)の損失となる。

むろんこれは在籍期間中のプレーについて全く考慮していないわけだが、『daily mail』が近年における大型移籍で大損となったケース(worst value transfers)について取り上げていたので紹介する。

なお、日本円換算はすべて現行レートによるもの。

ディミータル・ベルバトフ/トッテナム→マンチェスター・ユナイテッド→フラム/

獲得額:3075万ポンド(59.4億円)2008年
売却額:500万ポンド(9.6億円)2012年
損益:2575万ポンド(49.5億円)

ユナイテッドでの4年間は激しい波があり、その評価は分かれている。2010-11シーズンにはリーグ32試合で印象的な20ゴールを決めゴールデンブーツを獲得したほか、チームもタイトルを勝ち取り、素晴らしいシーズンを過ごした。2009年のタイトルや2010年のリーグカップ制覇時の一員でもあった。

だが、ユナイテッドでの後年は序列が下がり、うまくいかなくなった。ベルバトフは不当な扱いを受けたと感じていて、当時の監督アレックス・ファーガソンについて人として相当に失望したと主張している。フラムへの移籍で、ユナイテッドは移籍金のうち2575万ポンドは損失となった。だが、この大損リストの他のメンバーと比べれば、ベルバトフは普通以上のことを成し遂げた。

カルロス・テベス/マンチェスター・U→マンチェスター・C→ユヴェントス

獲得額:2550万ポンド(49.3億円)2009年
売却額:1200万ポンド(23.2億円)2013年
損益:1350万ポンド(26.1億円)

2009年に宿敵シティに移籍したことで、ユナイテッド側(サポーター?)に多くの敵を作った。シティにおいてはクラブ史上2番目に早く50ゴールを達成(73試合で)、プレミアで59ゴールを決めて、ユヴェントスへと移籍した。テベスはシティにおいてファンのお気に入りであったが、様々な点において監督やクラブと衝突する傾向にあった。

ベルバトフのようにテベスは在籍中の大部分おいていいものを生み出したが、売却によって1300万ポンド以上の損を出したという事実はこのアルゼンチン人FWがとても高くついた買い物だったといえる。