ウェストハム戦で嬉しいプレミアリーグ初ゴールを記録したレスターFW岡崎慎司

試合後、レスターの公式アカウントが岡崎のインタビュー映像を公開している。

「今日のレスター・シティでの初めてゴールを、どのように感じていますか?」と質問された岡崎。英語での質問であったが、通訳などは介していない。

そして、岡崎はこの質問に対して英語で自身の心境を話し始めた。

岡崎 慎司(レスター・シティ)

"Yeah. I'm happy. So, Vardy is great ball for me, then, so lucky.
One time shoot, then, second ball shoot, goal.
So I'm happy"

(和訳)
「うん、ハッピーだね。ヴァーディーが私くれたボールは素晴らしかった。だからラッキーだったよ。
一度目シュートし、二度目もまたシュートしてゴールになった。
だから私はハッピーなんだ」

岡崎は非常に簡単な英語でインタビューに答えている。しかし、その受け答えは堂々としており、外国語で発言することに慣れているような感じもする。

清水、シュトゥットガルト、マインツでプレーしてきた岡崎にとって、英語圏での生活はおそらくこれが初めてのこと。今後、英語力をより磨いていくはずだ。