今シーズン、リヴァプールからフェネルバフチェへ貸し出されたセルビア人アタッカーのラザル・マルコヴィッチ。

このほど同じイスタンブールを本拠地とする地元のライバルであるベシクタシュとのダービーに先発出場すると、こんなプレーを見せた。

たった1人で相手DF陣をブチ抜いて、”破壊”!ベンフィカ時代から売りにしていた爆発的な加速力を見せつけてくれた。

ワクワクするようなプレーであったが、好事魔多し…。前半終盤にマルコヴィッチは無念の負傷交代となってしまった。

その目には涙があったとも伝えられているが、重傷でないことを祈りたい。なお、試合はファン・ペルシーのゴールなどもありながら、フェネルバフチェは2-3で敗れている。