20日、AFCチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグの1試合が行われ、アル・アハリ(UAE)がアル・ヒラル(サウジアラビア)を3-2と破って決勝進出を決めた。

ファーストレグは1-1という結果に終わっていた両チーム。ホームで戦ったアル・アハリが前半にペースを掴んだ。

17分には左サイドに開いたアハマド・ハリルからのクロスがファーに抜け、そこに詰めたリマが膝で合わせて先制点を奪取。

さらに前半終了間際には前線での素早いコンビネーションで崩し、イスマイール・アル・ハンマディのパスで裏に抜けたエヴェルトン・リベイロが華麗なループを決めた。

しかし後半は立場が逆転。2点を取り返さなければならないアル・ヒラルは、昨年度の大会で大活躍したFWナースル・アル・シャムラーニを投入して2トップに変更するとともに、前線から激しいプレスを仕掛けた。

混乱するアル・アハリの守備を利用し、アル・ヒラルは51分にアイウトン、64分にカルロス・エドゥアルドが得点。後半に課せられていた「2点を取り返す」というミッションを完璧に遂行した形となった。

だが、もしかしたら「上手く行きすぎた」のかもしれない。30分を残して逆転に成功したヒラルは、早めにカルロス・エドゥアルドを下げて守備的にシフトした。

逆にウサマ・アサイディを左サイドに投入して攻撃力を高めたアル・アハリは、最後の望みをかけて攻め込んでいく。

時間はどんどん過ぎて行き、ロスタイムに突入してまもなくのことだった。

右サイドからエヴェルトン・リベイロのフリーキックが入ると、キーパーがパンチングで遠くに飛ばせず、ペナルティエリア内にボールが落ちる。

それを韓国人DFクォン・ギョウォンがシュート! これがハビブ・ファルダンの背中に当たってゴールに吸い込まれ、アル・アハリが残り数分で試合をひっくり返した。

なお、アル・アハリはアジアクラブ選手権時代から数えても決勝進出は初めて。UAEのチームとしては2005年のアル・アイン以来となる。