15日、EURO2016予選のプレーオフ、ハンガリー対ノルウェーの試合がブダペシュトのグルパマ・アレーナで行われた。

ノルウェーのホームで行われた1stレグは0-1でハンガリーが勝利。39歳の名物GKガーボル・キラーイの好セーブなどもあり、敵地で貴重なアウェイゴールを奪いこの2ndレグに乗り込んだ。

試合が動いたのは開始早々の14分。後方からのロングボールにタマーシュ・プリシュキンが走り込み…

左斜め45度からこのシュート!

コース、スピードともに文句のないゴールであったのだが、この得点を演出したパスはより素晴らしかった。

このボールを送ったのは、左サイドバックとして出場したタマーシュ・カーダール。

まるで弓矢のような高速ロングボールでプリシュキンを前方に走らせ、貴重な追加点を演出した。

結局試合は83分にもハンガリーが追加点をあげ、2試合合計3-1でハンガリーが勝利。見事EURO2016への出場権を確保した。

ハンガリー代表のEURO出場は1972年大会以来44年ぶりのこと。また、主要国際大会への出場もワールドカップ1986年大会以来30年ぶりのことであり、久しぶりの国際大会になる。