EA Sportsのサッカーゲーム最新作『FIFA2016』。

そのゲーム内で、現実と同じような動き・プレーをする選手たちについて『squawka』が取り上げていた。その10人とは…。

トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘンFW)

ユニークな選手であるミュラー。ゴーストの如きスペースへの侵入はただただ驚くべきものであり、いつもここぞという時にここぞという場所に突然姿を現す。

この特性はFIFAにおいて完璧に再現されており、ルーズボールはいつだってミュラーのものになる。

カイル・ウォーカー(トッテナムDF)

FIFA16でウォーカーを使うと、攻撃時かなり楽しい。活発過ぎる子犬のように突進し、そのスピードと強さによって、相手SBを大抵やっつけてくれる。

ただ、ハイ過ぎる子犬がピッチ上のどこなのかを頻繁に見失うという問題は、守らなければならない時にウォーカーが行方不明になりえるということを意味する。

【次ページ】アーセナルのあの人と、元リヴァプールFW