英3部シェフィールド・ユナイテッド対ピーターバラ・ユナイテッド戦で素晴らしいゴールが決まった。

左サイドでボールを持ったピーターバラMFマッティン・サムエルセンはボックス内に侵入すると、鮮やかなテクニックで4人の相手DFを翻弄!最後は倒れ込みながら左足でのシュートを叩き込んだ。

サムエルセンはノルウェー出身の18歳。もともとはマンチェスター・シティに引き抜かれた逸材だが、昨年夏にウェストハムへ移籍。昨年末からは3部ピーターバラでローンされており、これが移籍後初ゴールであった。なお、このゴラッソが決勝点となり、3-2でビーターバラがこの試合に勝利している。

ビーターバラのグレアム・ウェストリー監督も「マッティンのゴールは並外れたものだった。彼は将来のプレミアリーグのスターだ。素晴らしい能力を持っているだけでなく、一緒に働くのが楽しいかわいいやつだよ」と絶賛であった。2016年要注目の若手といえるかもしれない。