プレミアリーグ20節、エヴァートン対トッテナムの注目の一戦は1-1のドローに終わった。

トッテナムの得点は若きMFデル・アリが決めた一撃だった。

DFトビー・アルデルヴァイレルトの縦パスに反応すると、胸トラップからのボレーでゴール!

昨年下半期から驚異的な成長を見せるデル・アリはまだ19歳。スケールの大きさを感じさせる今後が楽しみな選手である。これで今季5点目となったが、「ああいう走り(飛び出し)をする気にさせてくれるトビー・アルデルヴァイレルトからの素晴らしいボールだった」と殊勝なコメントを口にしていた。

一方、エヴァートン側の得点者はアーロン・レノン。

古巣相手にプレーしたレノンは「相手側にいるのは変な感じだった。でも僕は今エヴァートンの選手さ」などと語っていた。