5日、『Gazzetta dello Sport』は「マルコ・マテラッツィは、ラファエル・ベニテス氏の解任について語った」と報じた。

かつてインテルでラファエル・ベニテス監督の指導を受けたマテラッツィ。2014年からはチェンナイインFCの監督を務めており、指導者の道を歩んでいる。

彼は、先日レアル・マドリーの指揮官を解任されたラファエル・ベニテス氏について「前と同じミスをしている」と話した。

マルコ・マテラッツィ

「私は既にベニテスの解任を予想していたよ。数日間違っていただけだ。

世界で最高のことが出来るとしても、もし選手たちとのコネクションを持っていなければ物事は進まない。

もし強い個性を持っている人々との強い結びつきを作れなければ、成功を収めることは出来ないんだ。

彼らはピッチで監督を援助しなければならない男たちだ。マドリーは難しいクラブだ。アレは会長の支援を得るには十分ではなかった。

ベニテスは決して変わることはない。彼は常に同じ問題に遭遇している。クリスティアーノ・ロナウドとのいい関係を作る代わりに、ギャレス・ベイルに近づこうとしていた。

これは以前と同じストーリーだ。インテルでは彼はハビエル・サネッティ、エステバン・カンビアッソ、そしてイバン・コルドバと対話した。しかし、クリスティアン・キヴは完全に無視した」

「レアル・マドリーは、カルロ・アンチェロッティを呼び戻すか、あるいはジダンを呼ぶかしかなかった。他に方法はなかった。彼は強い個性を持ち、何年もこの選手たちと働いてきた。

しかし、それは彼にとって公園を散歩するようなものにはならない。彼のような偉人であっても、2,3試合で審査される。

しかし、私は彼に最高の未来が訪れることを願っているよ」