ミランがアヤックスの若手ウィンガー、アンワル・エル・ガジの獲得に乗り出したようだ。

『Sky Sports』によれば、副会長のアドリアーノ・ガッリアーニがスカウトからエル・ガジのリポートを受け取っており、順調に成長していると感じているという。ガッリアーニのプランは今月中の獲得とのことだが、ステファン・エル・シャラウィの移籍先を見つけることが優先事項となっているようだ。

今シーズン、ミランからモナコにローン移籍しているエル・シャラウィ。25試合に出場すれば1200~1400万ユーロ(およそ15.6~18.2億円)での買い取り義務が発生するという契約内容だが、24試合に出場した段階でストップ。前半戦でインパクトを残せなかったため、ミランに返却される可能性が高まっている。

エル・シャラウィはフアン・イトゥルベを放出したローマへの移籍が囁かれており、この移籍が決まれば代わりにエル・ガジの獲得に動ける状況になるようだ。