長い冬休み期間中のロシアリーグ。ゼニト・サンクトペテルブルクはカタールの首都ドーハでトレーニングキャンプを張っている。

そんななか、ブラジル代表FWフッキが味方選手を“締める”という事案が発生した。

被害者となったのは、FWアルチョム・ジュバ。27歳のロシア代表で、身長が190cmを超える大型FWである。

0:27秒~あたりでフッキは「ジュウジュツ(柔術)」と口走っているようにも聞こえる…。ブラジルでも、「jiu-jitsu」のスキルを見せつけたと伝えていた。