シュトゥットガルトは元ドイツ代表FWカカウが、Ⅱチームでプレーすると発表した。今季の残りシーズンを、シュトゥットガルトⅡの選手として戦うことになるという。

セカンドチームであるシュトゥットガルトⅡは現在、ドイツ3部リーグで20チーム19位と低迷。残留のために戦っている若手選手たちをその経験で牽引することが期待されているようだ。

昨季まではセレッソ大阪でプレーしていたカカウは34歳。セレッソ退団後は無所属となっていたが、ここ数か月はシュトゥットガルトⅡとともにトレーニングを行っていた。

カカウにとってシュトゥットガルトはキャリア最高の時を過ごしたかつての古巣。20歳前後の選手がほとんどというⅡチームで、背番号36番をつけてプレーする。

シュトゥットガルトのスポーツ部門取締役であるロビン・ドゥットは、その経験によってチームを残留に導いてくれることを期待すると述べつつ、シーズン終了後に再び去就について話し合う予定とも語った。

そして、カカウ本人は「難しい状況にあるセカンドチームを助けることを決断した」と語り、夏以降についてはどうなるか分からないと述べた。