20日、スイスの首都ベルンを拠点とするヤングボーイズ対FCトゥーンの“ベルン・ダービー”が行われた。

この大一番に、先月のAFC U-23選手権で6試合3得点を記録したヤングボーイズの久保裕也も先発フル出場。全ゴールに絡む活躍を見せ、勝利の立役者となった。

まずは19分、相手のファールを誘いPKを獲得すると、これをフランス人FWギヨーム・オアローが決めてヤングボーイズが先制。

さらに63分、今度はPKを決めたオアローからパスを受け、冷静に右足で流し込む!

ヤングボーイズはこの後1点を返されたが2-1で勝利。ウィンターブレイク明け3戦目で、昨年11月28日のザンクト・ガレン戦以来となる勝ち点3を手にした。

また、久保は11月1日のFCチューリッヒ戦以来今シーズン5点目で、昨シーズンの得点数に並んでいる。