21日、『Evening Standard』はFAカップ5次ラウンドのチェルシー対マンチェスター・シティ戦において、スタンフォード・ブリッジのスタンドからコインが投げられていた」と報じた。

日曜日に行われた試合は5-1という大差となり、主力を使ったチェルシーがターンオーバーを行ったマンチェスター・シティを破るという結果となった。

しかしこの試合中、マンチェスター・シティのデイヴィッド・フォパラがゴールを決めた際、そこに数枚のコインが投げ込まれていた。

前日にはWBAのクリス・ブラントがサポーターからのコイン投げによって負傷するという衝撃的な事件があったにもかかわらず、それから僅か24時間で同じことが起こってしまった。

幸いにして誰にも当たることはなかったものの、チェルシーとフース・ヒディンク監督はこの行為に対して怒りを露わにし、犯人は永久追放すべきだと語った。

フース・ヒディンク

「私は気付いていたよ。セレブレーションの際にマンチェスター・シティの選手に対してコインが投げられていたのをね。

我々はこれを非難する。そして、私はこれに対して強く非難する。

チェルシーは何らかの反応をするだろう。これらに責任を持つ人々は、2度とスタジアムに入れないようにすべきである」
スティーブ・アトキンス
(チェルシー広報)

「我々はこのような馬鹿げた危険な行為を非難する。当事者を識別することが出来れば、我々はスタンフォード・ブリッジから彼らを閉め出す。

これは犯罪行為である。もし識別が出来れば、警察に対していかなる支援も惜しまない。この行動を起こしたものにはその責任を取ってもらう」