セリエA26節、ローマはパレルモ相手に5-0の快勝を収めた。

ムハンマド・サラーとともに2得点の活躍をみせたボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコだったのだが、こんな場面も…。

マイコンからのクロスをどフリーで合わせるも、シュートはガラ空きゴールを捉えられず…。ジェコ本人、マイコン、そしてサポーターも頭も抱えるまさかまさかのミスであった。

ただ、試合後のルチアーノ・スパレッティ監督はこうフォローしていた。

「エディン・ジェコの先制点で我々は落ち着き、リラックスできた。

彼はその前のイージーなチャンスを決められず、非常にがっかりしていたよ。

だが、彼の一撃で1-0になったことで、チームは鼓舞された」

【次ページ】チームを勇気づけたその先制ゴールを見よう!