スペイン紙『Marca』が、将来が期待される19歳以下の選手でベストイレブンを組んでいた。若く才能が有り、前途洋々な彼らは今後2年以内にフットボール界を席巻しているかもしれないとしている。

GK ジャンルイージ・ドンナルンマ/17歳/イタリア/ミラン

RB クリスティアン・マネア/18歳/ルーマニア/ベルギー1部ロイヤル・ムスクロン=ペルウェルツ(アポロン・リマソールからローン中)
CB リース・オックスフォード/17歳/イングランド/ウェストハム
CB ジョー・ゴメズ/18歳/イングランド/リヴァプール
LB キーラン・ティアーニー/18歳/スコットランド/セルティック

MF ユーリ・ティーレマンス/18歳/ベルギー/アンデルレヒト
MF レナト・サンシェズ/18歳/ポルトガル/ベンフィカ
MF ルーベン・ネヴェス/18歳/ポルトガル/ポルト

FW マルティン・ウーデゴール/17歳/ノルウェー/レアル・マドリー
FW ドミニク・ソランケ/18歳/イングランド/フィテッセ(チェルシーからローン)
FW キリアン・エンバッペ・ロタン/17歳/フランス/モナコ

面子からすると欧州で、という括りで選ばれたとみられる。国籍で見ると、イングランド3人、ポルトガル2人、そのほか、イタリア・ルーマニア・スコットランド・ベルギー・ノルウェー・フランスから各1名。

当サイトで紹介した若手も多いが、 エンバッペはモナコでアンリを超える最年少得点記録を樹立した逸材だ。いずれにしろ、今後要注目の選手たちといえそうである。