クラブ史上初となるプレミアリーグ優勝まであと一歩に迫っているレスター。

就任当初、クラウディオ・ラニエリ監督に対する期待値は決して高いものではなかった。ところが、手持ちの戦力で見事にチームをまとめ上げると、まさかの大躍進。いまやラニエリの名前を街の通りにつけようという計画があるほど、レスターの街の英雄となった。

そんななか、トルコの『TRT World』が素敵な試みを行っていた。地元レスターファンたちがラニエリを語る映像を、ラニエリ本人に見せるという企画だ。

「いいことを言ってくれてることを願うよ!」と映像を見る前は“怯えていた”64歳の指揮官だったが…。

地元ファンたちが口々に語ったのは、感謝の言葉。ある夫人は「あなたがレスターに対してしてくれた全てに」にお礼を言い、また別のファンは「こんなことはこれまで一度たりとも見たことがなかった、素晴らしい。やってくれたこと全てに感謝するよ」と語っていた。

これを目にしたラニエリは感激の様子で、こう述べていた。

クラウディオ・ラニエリ(レスター監督)

「どうもありがとう、ワンダフルだ。

ファンやクラブに関わる人間がハッピーになると自分自身もとてもとてもハッピーなので、この仕事をしてるんだ。

このために全てを捧げているんだよ、最高だね。

このビデオをくれないか、欲しいね!」