3日、ついに噂になっていた浅野拓磨のアーセナル移籍が内定した。契約交渉が合意に達し、さらにメディカルチェックにも合格している。

日本代表として昨年デビューを果たし、そして来月にはリオ五輪に出場するチームで主力となることが期待されている。

しかし、そこで問題になってくるのは労働許可証(ワークパーミット)の問題だ。

イングランド・プレミアリーグでは、EU外国籍の選手については契約を一部制限しており、労働許可証を獲得しない限りプレーすることはできない。

その条件は以下のとおりである。

  • 選手は過去2年の間、少なくとも代表チームの試合の75%でプレーしている
  • その代表チームは、過去2年間FIFAランキングで平均70位以上でなければならない

(これらは変更に向けて動きがあるが、まだ適用されていない)

これらの条件によって宮本恒靖、三都主アレサンドロ、家長昭博などの移籍が断念されているほか、宮市亮も一年の修行を余儀なくされた。

それを考えれば、これまでまだ5試合に出場したのみである浅野に関しては、許可証がスムーズに与えられる可能性は低いことがわかる。

これまでアーセナルではガブリエウ・パウリスタなどがアーセン・ヴェンゲル監督の推薦状を受けて特例措置を認められていることから、ゼロではない。ただ、欧州での実績がない浅野はより難しくなることは予想されている。

なお、この労働許可証取得についての責任はすべてクラブにあるため、万が一不可能であった場合も救済はなく、契約解除はできない。

そのため、この場合浅野はアーセナルに近しい関係がある欧州のクラブに期限付き移籍するという形になるだろうと推測されている。

かつてアーセナルではベヴェレン(ベルギー)が提携先として有名であったが、2010年にクラブ自体が解散、合併していることから、現在は「ここ」というレンタル先はない。

浅野が来季プレーする場所はイングランドなのか、それともドイツやオランダなどになるのだろうか?アメリカでの親善試合への出場は?

アーセナルに残るにしても、あるいは他のクラブに貸し出されるにしても、今後2か月の動きは大きな注目になりそうだ。