『FOX Sports』は、「オランダ・エールディヴィジのフィテッセは、元オランダ代表DFアレクサンデル・ビュトネルを獲得する」と報じた。

今冬のマーケットにおいて日本代表DF太田宏介がFC東京に復帰する可能性が高まっているフィテッセ。

すでにこれらの交渉はかなり進んでいると言われており、メディアではほぼ決定だと伝えられる。

そして記事によれば、これはフィテッセがアレクサンデル・ビュットネルを獲得するための手段の一つであるそうだ。

かつてフィテッセのユースで育ち、トップチームでも4シーズンに渡って活躍したビュトネル。その後マンチェスター・ユナイテッドへ移籍し、ディナモ・モスクワとアンデルレヒトでもプレーした。

昨年夏に契約が満了となってからはフリーの状態が続いていたが、今回古巣への復帰が近づいているとのこと。