UEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦、アーセナルはバイエルン・ミュンヘンとの1stレグに1-5で大敗した。

アレクシス・サンチェスのゴールで一旦は同点としたものの、その後は失点を重ねたアーセナル。ポゼッションでもバイエルンが75%と圧倒する展開だった。

この惨敗には各方面から批判の声が上がっているが、バイエルンでも活躍した元ドイツ代表GKオリヴァー・カーンもコメントしたようだ。『Independent』が、その言葉を伝えている。

オリヴァー・カーン(元ドイツ代表GK)

「これほど悪いプレーをするチームは見たことがない。

バイエルンはボールを持たず破滅的なまでに悪いチームとプレーした。

選手もかなり消極的だった。特にエジル。

まるで彼らは監督のことをもはや真剣に捉えていないようだった」

エミレーツ・スタジアムでの2ndレグが行われるのは、来月7日だ。