UEFAチャンピオンズリーグで快進撃を続けているモナコ。

そのなかで、まばゆいばかりの輝きを放っているのが、新星キリアン・エンバッペだ。18歳のフランス代表FWは、ドルトムントとの準々決勝でも2戦3発と大暴れを見せた。

そのエンバッペについて、『Le Parisien』が特集していた。

それによれば、彼は『Football Manager』を一日数時間はプレイするそう。『FM』は、世界最大のフットボールクラブ運営シミュレーターとして知られているゲームだ。

選手らプロ御用達でもあり、ゲーム上の能力設定に関わるスカウトは世界51か国になんと1,300人もいる。そのため、実際のスカウトが気になる選手の能力をゲーム上でチェックすることさえあるほど。

そんな『FM』にエンバッペもハマっていたようだ。ちなみに、グリーズマンやポグバも愛好者であり、フランスではお馴染みなのかも?

また、記事内ではその他のエンバッペの素顔も明かされている。それによれば、まだ運転免許を持っていないため、母フェイザさんらが毎朝あの絶景の練習場に彼を送っているそう。

母フェイザさん曰く、「フットボールの天才だけど、まだ18歳」だということを時々思い出させるとか。