『Don Balon』は13日、「バルセロナは、フィリペ・コウチーニョを獲得するためにラフィーニャの譲渡も準備している」と報じた。

先日から、今夏バルセロナのトップターゲットであると伝えられているフィリペ・コウチーニョ。

1月に契約を更新したばかりであり、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は「4億ポンド(およそ577.3億円)出してくれるのなら売る」と強気の姿勢を見せている。

しかしバルセロナはそれでも怯むことなく、コウチーニョを引き入れるためにブラジル代表MFラフィーニャを取引の一部として使う可能性があるとのこと。

多額の現金に加えて代表クラスの選手を譲渡するという形で、態度を硬化させているリヴァプールの説得を狙うようだ。

これまで『MSN』のサブとして獲得されてきた、あるいはカンテラから引き上げられてきた選手は、ことごとく失敗に終わってきた。

パコ・アルカセルやアルダ・トゥランも今夏での退団が有力視されており、バルセロナはなかなか選手層の厚みを増やすことが出来ずにいる。

コウチーニョを獲得するとなれば、そのポジションに対してこれまでにないほどの額を投じることになる。その賭けは成功するのだろうか?