『ESPN』は18日、「イングランド・プレミアリーグのアーセナルは、かつてリヴァプールで働いていたフィットネスコーチのダレン・バージェス氏と契約する予定だ」と報じた。

ダレン・バージェス氏は今年43歳になるオーストラリア人で、スポーツ科学と栄養学の専門家である。

2010年のワールドカップでオーストラリア代表のコンディショニングを担当し、その後2013年までリヴァプールでフィットネスコーチを務めた。

ケニー・ダルグリッシュ、ロイ・ホジソン、ブレンダン・ロジャーズ監督の下で働いていたため、プレミアリーグでも経験豊かである。

今季はAFL(オーストラリアン・フットボール・リーグ)のポート・アデレードで働いているものの、それを途中で辞してアーセナルに移る予定だという。

記事によればバージェス氏はアーセナルでメディカル、フィットネス、心理学、そしてパフォーマンス分析を任されるとのこと。

既にそれらの交渉はほぼ終了しており、今週末にも公式にバージェス氏との契約が発表される可能性があるようだ。

なお、かつてバージェス氏の下で練習をしていたパネリストのケイン・コーンズ氏によれば、彼は天才コーチであるという。

ケイン・コーンズ

「彼が出なければならないというのは、シーズン中盤に監督がいなくなるのと同じくらい大きいよ。このような人々がいかに重要か。

これはポート・アデレードにとって大きな打撃になるよ。彼は天才だからね」