ブンデスリーガ5連覇を成し遂げた王者バイエルン・ミュンヘンが、韓国人選手の獲得に近づいているようだ。『Sportalkorea』などが伝えている。

ターゲットとされているのは、仁川ユナイテッドのU-18チームに所属するMFチョン・ウヨン。韓国の世代別代表に名を連ねてきた期待の選手だそうで、最近ドイツに渡って、バイエルンのトライアルを受けていたという。

「10番」タイプの選手で、得点力に優れるなど攻撃面が評価されているようだ。バイエルンは70万ユーロ(8,706万円)の移籍金と、20万ユーロ(2,487万円)の年俸を約束したとされている。

ただ、彼はまだ18歳未満(9月20日が誕生日)なので、移籍するのは来年1月以降になりそうだ。