弱冠21歳ながらレアル・マドリーでまずまずのプレー時間を与えられ、結果も残しているMFマルコ・アセンシオ。

今季はUEFAチャンピオンズリーグでも重要な試合で起用され、バイエルン戦やユヴェントス戦ではゴールを奪った。

そんなアセンシオは現在、スペイン代表の一員としてU-21欧州選手権に出場中。18日(日)、グループステージの第1節でマケドニアと対戦しチームは5-0と大勝した。

左ウイングで先発したアセンシオは、この試合でなんとハットトリック! 16分、54分、72分にそれぞれゴールをあげ、5度目の優勝を目指すスペインの勝利に貢献した。

そんなアセンシオだが、今季は様々なコンペティションの「初戦」で結果を残している。その結果を見てみると…

・リーガ・エスパニョーラ
→初出場となった第1節レアル・ソシエダ戦で1得点

・UEFAチャンピオンズリーグ
→初出場となったGS第3節スポルティング・リスボン戦で1得点

・UEFAスーパーカップ
→セビージャ戦で1得点

・コパ・デル・レイ
→初出場となった1回戦クルトゥラル・レオネサ戦で2得点

・U-21欧州選手権
→初出場となったGS第1節のマケドニア戦で3得点

この通り!

出場した全てのコンペティションの初戦でゴールをあげていたのだ(クラブワールドカップは出場機会なし)。

アセンシオはそこまで得点力が高い選手ではないが今季のマドリーでは10ゴールをあげており、そのうち5得点が各大会の初戦であった(UEFAスーパーカップは一発勝負ではあるが)。

最高のスタートを切っただけにU-21欧州選手権でも活躍に注目が集まる。