『Mediaset』は9日、「元イタリア代表監督のアリゴ・サッキ氏は、ユヴェントスの戦術を批判した」と報じた。

かつてACミランで「ゾーンプレス」という新たな戦術を生み出したことで知られる名将アリゴ・サッキ。

近年は現場を離れて評論活動を主に行っているが、今イタリアサッカー界を支配しているユヴェントスのプレーには不満があるようだ。

アリゴ・サッキ

「支配的なクラブがチャンピオンズリーグを勝ってきたのだ。

1970年台には、アルフレド・ディ・ステファノがいたレアル・マドリーから、アヤックスへ。そして現代ではジョゼップ・グアルディオラのバルセロナに。

私は、ユヴェントスのプレーは気に入っているよ。彼らが主導権を握った時はね。

しかしながら、彼らは試合で15分間しかプレーしない。それ以外はリトリートしている。ただ守り、カウンターアタックを狙っている。

彼らは攻撃のポテンシャルを最大化しようとしていない。ストライカーに餌を与えていない。

私は、マッシミリアーノ・アッレグリに『それは何故なのだ?』と尋ねたい。

それはフィジカル的な問題ではないのかと恐れている。多くのユヴェンティーノが私にそれを聞いてくる。私も正直なところ、それが知りたい」