バルセロナで長く活躍したブラジル代表DFダニ・アウヴェス。彼が対峙したなかで最もタフだった選手について明かしたと、『Fourfourtwo』が伝えている。

それによれば、相手として最も手強かったのは、クリスティアーノ・ロナウドだという。そして、史上最も偉大な選手は、元チームメイトのリオネル・メッシだと述べたそう。

また、アウヴェスはともに働いたなかで最もベストな監督として、ジョゼップ・グアルディオラの名前をあげた。そして、対峙したなかで最も手強かったDFは、フィリペ・ルイスだそう。

ダニ・アウヴェスとフィリペ・ルイス

アトレティコ・マドリーに所属するフィリペ・ルイスは、アタッキングセンスに優れた左サイドバックだ。リーガでは何度もやり合ってきたほか、代表ではサイドでコンビを組んだこともある。