トッテナムやマンチェスター・ユナイテッドで活躍したFWディミータル・ベルバトフ。

36歳になった現在も現役を続けており、今年8月にはインディアン・スーパーリーグのケララ・ブラスターズに加入した。

そんなベルバトフが、エキシビションマッチで躍動!

ブルガリアのベロエで開催されたバルサ・レジェンズとの試合、フリスト・ストイチコフの友人で構成させるストイチコフ・フレンズの一員として出場すると…

なんと、ハットトリックの活躍!

ヘディングの上手さはもちろんのこと、ゴール前での落ち着きは流石の一言だ。年齢を重ねても、このあたりの技術は衰えないのだろう(ゴールはそれぞれ00:33から、00:48から、01:57から)。

なお、試合はベルバトフの活躍もありストイチコフ・フレンズが3-2で勝利している。