世界最高額ともいわれる年俸で中国の上海申花へ移籍したアルゼンチン人FWカルロス・テベス。

だが、期待にそうような活躍は見せられておらず、批判が強まっている。

ただ、テベスも黙っている気はないようだ。『SFR Sport』などによれば、中国サッカーについてこう言及したという。

カルロス・テベス(上海申花FW)

「南米やヨーロッパでは、選手たちは小さい頃からフットボールのプレーを学ぶ。だが、ここでは違う。

なので、技術的に彼らはあまりよくないね。

彼らのフットボールはかなり違うよ。ファンたちも非常に異なったものとして扱っている。

彼らが同じ高みに達するとは思わない。50年後でさえね」

テベスは中国サッカーは50年経ってもトップには辿り着かないだろうと述べたそう。