先日行われたマルセイユ対トゥールーズの試合は、2-0という結果に終わった。酒井宏樹も出場して勝利に貢献している。

キックオフ前の始球式も大きな話題になったが、スタンドにも大きなトピックがあった。

出場していたフランス代表DFアディル・ラミの彼女だと言われてきた人物が駆けつけていたのである。

その彼女というのが、あの超有名モデルのパメラ・アンダーソンである。

『PLAYBOY』のプレイメイトとして活躍した後、女優としても活動を行い、近年ではセレブとして高い影響力を発揮している。

これまでトミー・リー(ミュージシャン)、キッド・ロック(歌手)、リック・ソロモン(映画プロデューサー)と結婚してきたが、現在は独身である。

今年50歳になる彼女のボーイフレンドが、アディル・ラミ(31歳)であるというのだ。6月にデートしていることが目撃されて以来、関係を続けているという。

パメラ・アンダーソンは先日あのウィキリークス創始者ジュリアン・アサンジを愛していること、そして別に「嫉妬深い」ロマンチックなパートナーがいることを明かしていた。それがアディル・ラミのことだと言われている。

50歳の女性を巡る31歳のサッカー選手と46歳の元国際指名手配者。なかなか複雑な関係である…。