『Marca』は3日、「クリスティアーノ・ロナウドは、2013年のバロンドールで獲得したトロフィーのレプリカを売却した」と報じた。

これまで4度のバロンドール(欧州最優秀選手賞)を獲得してきたクリスティアーノ・ロナウド。

通常、選手は重要な賞を獲得した際にはトロフィーのレプリカを調達したり、自身で保持したりする。

そして、ロナウドは今回2013年のバロンドールトロフィーのレプリカを今回売却することを決めたという。

それはチャリティーオークションにかけられ、イスラエルの大富豪であるイダン・オフェルが60万ドル(およそ6752.4万円)で落札。

ロナウドはその売却益を全てメイク・ア・ウィッシュ財団に寄付し、病気を抱えた夢の子供を支援することにしたとのこと。

メイク・ア・ウィッシュはロンドンで行われる大きなチャリティーイベントであり、これまでも多くの資金を調達してきた。

クリスティアーノ・ロナウドはこの財団を支援している人物の一人であるが、バロンドールのような貴重なトロフィーが出品されるのは非常に稀なことだという。