世界各地で行われているワールドカップ予選。アフリカ3次予選のグループBでは、ナイジェリア代表が1試合を残して本大会出場を決めた。

ナイジェリアはホームでのザンビア戦に1-0で勝利。決勝点を決めたのは、途中投入されたアーセナルFWアレックス・イウォビだった。

3次予選を4勝1分で乗り切ったナイジェリア。6度目の本大会出場が決まった。

昨夏ナイジェリア代表に着任したドイツ人のゲルノト・ロール監督について、地元ジャーナリストは「彼はナイジェリアの政治を理解している。それがチームセレクションにおいても彼の助けになった」と評価していると、『as』では伝えている。

なお、同組にはアフリカ王者カメルーンもいたが、彼らはすでに敗退が決まっている。