『Tuttosport』は25日、「リヴァプールのドイツ代表MFエムレ・ジャンは、ユヴェントス移籍に同意した」と報じた。

2014年にレヴァークーゼンから1200万ユーロ(およそ15.8億円)でリヴァプールへ移籍したエムレ・ジャン。

今季はすでに17試合に出場するなど中心的な存在となっているが、契約については来年の夏で満了になる予定だ。

古巣でもあるバイエルン・ミュンヘンなどのクラブが関心を持っていると伝えられてきたが、今回の報道によればユヴェントスへの移籍に同意済みだという。

1月にリヴァプールが許可した場合、あるいは6月末に契約が切れた際、彼はユヴェントスに加わることを全面的に納得しているとのこと。

ユヴェントスには同じドイツ代表のサミ・ケディラが所属しており、クラブは彼による説得も期待しているそうだ。