『Bild』は25日、「バイエルン・ミュンヘンのウリ・ヘーネス会長は、カルロ・アンチェロッティ監督解任の理由を明かした」と報じた。

先月、開幕から間もない段階でアンチェロッティ監督の解任を決断したバイエルン。その理由は、「選手との対立があったため」だと言われていた。

特に中心的な数選手がアンチェロッティの練習と起用法に不満を抱いており、それが原因であったと伝えられた。

しかし、ウリ・ヘーネス会長が今回明かしたところによれば、アンチェロッティ自身よりもアシスタントコーチ陣がチームと対立していたのだという。

ウリ・ヘーネス

「カルロ・アンチェロッティのアシスタントたちは、このバイエルン・ミュンヘンには合わなかったのだ。

カルロとの間には問題はなかった。全てはOKだったよ。

しかし、毎日のように戦いがあった。こちらのフィジカルコーチやドクターと、アンチェロッティのフィットネスコーチとの間にね。

そのような環境では、問題を解決することはできないものだ。

例えば、彼らは誰がベンチのどこに座るのかという点でも衝突していた。それらが試合自体よりも重要なものになった。

これは、サッカーチームにとって長期的には良いことではない。

ユップ・ハインケスのアシスタント、フィジカルコーチ、マッサージャーはうまくやっている。今は全く状況は変わった」