冬の移籍市場オープンが近づくにつれて、様々な噂が飛び交っている。

そんななか、『Express』が驚きの情報を伝えていた。それによれば、リヴァプールはドルトムントFWピエール・オーバメヤングの獲得に興味を持っているという。

ドルトムントと2020年までの契約を結んでいるオーバメヤングだが、移籍の噂が絶えない。

チェルシーのアントニオ・コンテ監督も関心を示してるとされているが、ここに来てリヴァプールの噂が浮上してきた形だ。

リヴァプールはFWダニエル・スターリッジがミランへ移籍するのではないかとされている。

指揮官のユルゲン・クロップにとって、オーバメヤングはドルトムント時代の教え子であり、勝手知ったる選手ではあるが…。