昇格1年目ながらルヴァンカップで優勝を果たし、J1でも躍進を遂げたセレッソ大阪。

充実のシーズンを終え、山口蛍と水沼宏太がライブ配信番組に出演した。

この企画は、普段からセレッソ大阪を取材している記者とリポーターの3名を招いて行われたもの。

この中でセレッソ大阪の番記者で著書もある小田尚史氏は「山口蛍とソウザのコンビは贔屓目を抜きにしてもJリーグNo.1のボランチと断言できる」と話している。

積極的にオーバーラップしていくソウザとの関係性を尋ねられ、山口はこのように振り返っている。

山口 蛍(セレッソ大阪)

「オレはソウザがベストイレブンに入っても良かったとは思うし。

去年と違って…どうやろ。

(去年は)結構お互い好きにやってた時も多かったけど、今年もソウザは好きにやってるけど、それでも去年以上に考えてはやってくれてるかなと思うし。

オレ個人は去年から相当そういうソウザが結構自由にやるところがあるから、それをかなり見ながらポジショニングだったり上がるタイミングだったりをやってたんで、関係性としては良いバランスを取れたダブルボランチだったんじゃないかなとは思いますけど」

(ソウザ選手のタックル数がJリーグでも上位で、蛍選手のインターセプト数がずば抜けて1位なんですよ)

「みんなの印象のなかでは『ソウザはタックル、オレはインターセプト』みたいなイメージはあると思うんで。

そういうのがデータにも表れて嬉しいっす」

ソウザのプレーについて「好きにやっている」と表現した山口。

それでもその実力は認めており、その上で去年からよりバランスを意識してプレーしているのだという。

どちらもボール奪取からの攻撃参加を武器とするタイプだが、実力は折り紙つき。Jリーグでも屈指のダブルボランチと言えるだろう。