鹿島アントラーズに所属するDF植田直通。抜群のフィジカルと強烈なフィードを誇る23歳は、ついに日本代表デビューを果たした。

だが、ヴァヒド・ハリルホジッチ監督は彼を右サイドバックとして起用。攻撃面ではさすがに荒さも見せたが、持ち味である強さと高さを示し、やれることを見せつけた。

その植田は、ウイニングイレブンの最新作ではどんな能力になっているのか。調べてみた。

植田直通、ウイイレ2018での能力

さすがに、RSBの適性はない。

植田直通、ウイイレ2018での能力

植田直通、ウイイレ2018での能力

植田直通、ウイイレ2018での能力

ただ、スピード関連や攻撃的な数値も低くないために、両サイドバックでも総合値は71のままで使うことはできるようだ。