人気お笑いコンビ「ペナルティ」のボケで、芸能界屈指のサッカー通として知られる“ワッキー”こと脇田寧人さん。

昨年から『J SPORTS』で放送中の「Foot!」にレギュラーとして出演している。

そんなワッキーと言えばTwitterで見せた「サッカーツッコミ」が話題となったが、やはりJリーグを相当見込んでいるそう。なんと2017シーズンはJ1全306試合の“完全観戦”に成功していたようだ。

ワッキーは今季の試合を見ながらノートを付け、良かったプレーをした選手にはGOODの"G"マークをつけていったそう。観戦ノートは9冊にも及び、そのGマークをポジションごとに集計していったのだそうだ。

そこから選んだベストイレブンを、21日(木)に放送された回で発表している。

GK:中村航輔(56G)
DF:エウシーニョ(25G)
DF:大井 健太郎(25G)
DF:福森 晃斗(46G)
DF:吉田 豊(28G)
MF:川辺 駿(47G)
MF:井手口 陽介(32G)
MF:伊東 純也(51G)
MF:中村 俊輔(43G)
MF:アダイウトン(35G)
FW:小林 悠(43G)

ワッキーによれば、付けられる"G"の数は1プレーにつき最多でも3つまで(唯一の例外は、第17節のサンフレッチェ広島戦でスーパーゴールを決めた関根貴大。4つの"G"を付けたという)。

採点方法にもいろいろあり、「試合後に行われたフラッシュインタビューの内容が良かった」という場合で加点することもあったという。

一見基準がまちまちにも思えるが、ある意味で清々しいとも言える。そして何より、全306試合観戦はなかなかできるものではなく、ワッキーに好感を持ったファンも少なくないはず。

ちなみに同番組のプロデューサーで、業界で知らない者はいないJリーグ通の土屋雅史氏が選んだベストメンバーは以下の通り。

GK:中村 航輔
DF:大井 健太郎
DF:中澤 佑二
MF:ソウザ
MF:三田 啓貴
MF:伊東 純也
MF:中村 憲剛
MF:中村 俊輔
MF:レアンドロ
FW:小林 悠
FW:興梠 慎三

同氏がJ1全306試合を完全観戦するのはこれが7年目である。