『FourFourTwo』は3日、「アントニオ・コンテ監督は、アレクシス・サンチェスとアルトゥロ・ビダルについて話した」と報じた。

今夏のマーケットでは完全に満足できる補強ができなかったと言われるチェルシー。アントニオ・コンテ監督の不満が高まっているという話もあった。

後半戦での巻き返しに向けた補強が冬に行われるとも言われ、また来年夏の政策にも注目が集まっている。

このところ話に出てきたのがユヴェントス時代の教え子でもあるチリ代表MFアルトゥロ・ビダル、そしてアーセナルとの契約が切れるアレクシス・サンチェスら。

しかしアントニオ・コンテ監督は以下のように話し、そういうことはクラブが決めると指摘した。

アントニオ・コンテ

「我々は落ち着いていなければならないよ。

私は、他のクラブにいる選手について話すのは好きではない。

しかし、誰もが二人のビッグプレーヤー、あのポジションにおいてのトッププレーヤーについて話している。

ビダルは世界最高の選手の一人だ。サンチェスもストライカーとして世界最高クラスだね」

「クラブに対して自分の意見を述べる場合、私は『どこのポジションを改善できるか』という点を伝えようとする。

そして、そこにはいろいろな観点がある。なぜなら、幾つかのポジションでは複数の選手がいなかったり、まだファーストチームでプレーできない若手しかいなかったりする。

もしクラブが私にその名前を挙げろと求めるなら、そうするよ。

しかし、そこからはクラブの仕事だ。誰をどうするかを決めて、投資をする。チームにとってのベストプレーヤーに」