『Mirror』は10日、「マンチェスター・シティのベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネは、リヴァプールファンだった」と報じた。

2012年にヘンクからチェルシーに加入し、その後ヴェルダー・ブレーメン、ヴォルフスブルクでプレーしたあとマンチェスター・シティにやってきたデ・ブライネ。

今季のパフォーマンスはまさに圧巻と言えるもので、すでに6ゴール9アシストを記録。首位を走るチームを牽引しており、MVPの最有力候補だ。

シティの魂となったデ・ブライネであるが、彼が好きだったチームは違っていたらしい。

彼がヘントのユースに所属していたころのインタビューでは、こんなふうに語っていたのだ!

ケヴィン・デ・ブライネ(幼少期)

「僕の大好きなチームはリヴァプールです。

好きな選手はマイケル・オーウェンです。僕はそこでプレーしたいです」


もし彼がリヴァプールにやってきていたら、どうなっていただろうか?妄想が膨らむ…。