パトリック・クライファートの息子として知られるアヤックスFWジャスティン・クライファート。

弱冠18歳ながら今季のエールディビジでも14試合に出場しており、将来が期待されるタレントだ。

そんなクライファートといえば、昨シーズンのUEFAヨーロッパリーグ決勝でこんなシーンがあった。

対戦相手であるマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督と談笑するシーンがあったのだ。

一体この時何を話していたのだろうか?クライファートが明かしている。

ジャスティン・クライファート(アヤックス)

「モウリーニョには、移籍の話をする時間なんてなかったよ。

彼は、また会えて嬉しいと思ったんだ。

モウリーニョは僕のことを小さい頃から知っている。

父がバルセロナでプレーしていた頃、モウリーニョは通訳をトレーナーのアシスタントをしていたからね」

クライファートは1999年生まれであり、当時父親のパトリックはバルセロナに在籍していた。

そのためモウリーニョ監督はクライファートのことを当時から知っており、久々に会えて嬉しかったのだという。